明延鉱山廃墟の更に跡地

天滝から近くにかつての明延鉱山跡があり、一時の廃墟ブームには大変盛り上がったみたいですが、今は既に解体済み。
大阪の軍艦アパートといい、コッチに来るちょい前に廃墟系はかなり解体されてますね。
・・・ぃや、入らないですよ(入りたいけど)、ちょっとだけ空気を感じたいんです。

このレールも使ってたんでしょうねー。
d0152960_20405461.jpg

CANON EOS 40D + SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

インクラインの先は・・・もうコンクリの基礎しか残ってないなあ。
d0152960_21231975.jpg

CANON EOS 40D + CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS

d0152960_20532632.jpg

d0152960_20575349.jpg

鉱山鉄道のための踏み切りでしょうね。
d0152960_2054681.jpg

展示されている「1円電車」はあまり絵にならないので、切り撮り系で(こっからまたシグマ
d0152960_20565757.jpg

コチラは予約すれば中を案内してくれるらしいす。
d0152960_213248.jpg

山奥で県道を外れるとほとんど車ともすれ違わないところにこんなんあったんだ、かつての活気を感じました。
「立入禁止」って言葉は既に解体済みとはいえ、魔物ですね、・・・入りませんが。
ま、廃墟の頃の写真は、有志の方々が中で撮影していますので、「明延鉱山 廃墟」とかの検索でイッパツです、興味があるヒトは見るとイイかも。
[PR]

by kenji7907 | 2008-10-28 20:57 | スナップ@兵庫

<< 明延の集落はドコか落ち着くなあ 天滝スナップ >>